2022-07-17 23:06

人器バトルアクション ガチアクタ第2卷 「想像を超えるヤバい敵!」

262 电脑版>>>




裏那圭的漫画「ガチアクタ」第2卷【AA】(graffiti design:晏童秀吉)、于15日发售。封带宣传语为『大切なものを大切にする、ただそれだけが難しくこんなにも美しい』、『以人器为武器に、超絶怒涛的战斗作開幕!』、封底为『想像を超えるヤバい敵!』。



裏那圭的漫画ガチアクタ」第2卷【AA】发售
「人器を武器に、超絶怒涛のバトルアクション開幕!」


  
「逸材のルドくん」 「…!?オレの名前…っ」


  
「いや…お前まさか…お前の能力は…触れた物を――人器に変えてしまう能力」


  
「構えが遅えど――天才くん。すごいんは人器だけなんか」



「お前らっウンコ飛ばして勝負してたってっそんなん聞いたこともっ
ぐっぶわあっはっはっはっはっは!」


  
「んじゃあそろそろ行きまっかー、オレらの家、掃除屋本部へ」


  
「全然大人しくねぇ!」



とらのあな秋葉原店A



ゲーマーズ本店



メロンブックス秋葉原1号店

裏那圭氏が週刊少年マガジンで連載されているコミックス「ガチアクタ」2巻【AA】(graffiti design:晏童秀吉氏)が、15日に発売になった。
『ガチアクタ』は、1巻発売時のコミックナタリーによると『“族民”とさげすまれ差別を受ける犯罪者の子孫たちが暮らすスラム街を舞台に、登孤児の少年・ルドを描くバトルアクション。育ての親であるレグトと共にスラム街に住むルドは、常人離れした身体能力を武器に生計を立てていた。ところがある日、身に覚えのない罪を着せられ、あらゆる汚れが流れ着く「奈落」へと落とされてしまう。そこで謎の化け物から攻撃を受けるルドを助けたのは、「掃除屋」を名乗る青年・エンジンで…』で始まったお話(



登場人物)。

今回発売になった「ガチアクタ」2巻【AA】には



第5話~第13話を収録し、



オビ謳い文句は『大切なものを大切にする、ただそれだけが難しくこんなにも美しい』、『敵は「常識」「権力」「差別偏見」人器を武器に、超絶怒涛のバトルアクション開幕!』で、裏表紙は『譲れぬ「かたき討ち」の想い。想像を超えるヤバい敵!』になってた。

「育ての親を殺した」という無実の罪を着せられ、下界に落とされたルド。「斑獣」と呼ばれる化け物や人器なるものを扱う「人通者」など、下界には知られざる世界が広がっていた。下界で出会った斑獣退治の組織「掃除屋」メンバーであるエンジンに誘われ、情報通のボスに会いに行くことを決めたルドだったが コミックス情報

「ガチアクタ」2巻【AA】の感想には、ワタコさん『ストーリーも面白いしバトルシーン迫力凄すぎだしそこにお洒落さがどかっときてるので何回読んでも眺めても飽きない!』、浅葉なださん『2巻もめちゃくちゃ良かったリヨウちゃん可愛すぎて一目惚れした』、TSUKACCHAさん『面白くなってきたー!登場人物の性格といい、キャラデザといい、武器といい、闘い方といい、背景といい、どれも最高にカッコイイ!』などがある。
なお、作者:裏那圭氏は晏童秀吉氏は同じく



カバー折り返しで『むかしむかし、親から「嘘つき」と言われた子供がいました。しかし子供は、なると「信じた」言葉を吐いてしまう。不器用な、周りから見れば不気味な子がいました。彼はどう生きていくのか…』などを書かれている。
「ガチアクタ」2巻コミックス情報 / マガポケ掲載ページ



「(今、何が起きた…!?何をした!?)」



「すごっ」「巻き込まれるぞ!」



「やりたいことあるなら、やれなくなる前に走れ」



「普通の斑獣と違って“核”があった」



「毛先の黒い白髪…目に隈…人通者の天界人か…」



「その紫の懐中電灯…お前らの罠かいな“荒らし屋”」


【来源】アキバBlog


各位客官转发敬请保留此链接:http://acg.laifucn.com/mread.php?tid=5791





【主人】ACG杂货店

ACG资讯为ACG杂货店所属资讯平台,致力于日更秋叶原好物第一手资讯

ACG杂货店
【微博号】ACG杂货店 (↑)   【移动版
ACG杂货店
【微信号】ACG杂货店(↑)

ACG资讯
【苹果客户端】(↑)