ACG资讯 » 【新漫画】【手机版>>>】

2021-04-08 06:06

弁当屋さんのおもてなし第1卷 「おなかも心もいっぱいな、北のお弁当ものがたり!」

294



喜多みどり的小説を十峯なるせ作画的漫画版「弁当屋さんのおもてなし」第1卷【AA】于秋叶原6日发售。漫画情報为『おなかも心もいっぱいな、北のお弁当ものがたり!』。


  
漫画版「弁当屋さんのおもてなし」第1卷【AA】发售
「出会ったのは魔法のお弁当を作ってくれるお弁当屋さんでした」


  
札幌に転勤してきたOL
「おなか減った…(今日の夜ごはんどうしようかなあ…)」


  
転勤前、社内恋愛の恋人に捨てられた主人公
「それは、おめでとうございます!(これが、恋人の裏切りを知った私の第一声)」


  
恋人だとおもっていたが、相手にとっては浮気だった
「(――私は白米と味噌汁女だったんだな――)」


  
弁当屋・くま弁 「もし今なんでも注文できるとしたらなにが食べたいですか?お客様のためだけにお作りいたしますよ」


  
「(鮭かま。ザンギじゃない、弁当の中身が違う、…でも、どうして違う中身が?)」


  
「(きんぴらも、甘辛めのしっかりした味付けなのに素材の味もちゃんとする)」



メロンブックス秋葉原1号店



アニメイト秋叶原本館



裏表紙「北のお弁当ものがたり!」

喜多みどり氏の小説を十峯なるせ氏がコミカライズされ、ComicWalker内・コミックブリッジで連載されている「弁当屋さんのおもてなし」1巻【AA】が、アキバでは6日に発売になった(公式発売日は8日)。

『弁当屋さんのおもてなし』は、原作シリーズ1作目の書籍情報によると『恋人に二股をかけられ、傷心状態のまま北海道・札幌市へ転勤したOLの千春。仕事帰りに彼女はふと、路地裏にひっそり佇む“くま弁”へ立ち寄る。そこで内なる願いを叶える「魔法のお弁当」の作り手・ユウと出会った千春は、凍った心が解けていくのを感じて――?』から始まる、札幌のお弁当屋さんを舞台にされたお話。
今回発売になったコミカライズ「弁当屋さんのおもてなし」1巻【AA】には、第1話から第6話の「かにを夢見る鮭かま弁当」1~3、「あまなっとう赤飯あまなっとう抜き」1・2、「七月のかきめし弁当」1のエピソードを収録(



もくじ)し、オビ謳い文句は『札幌の路地裏で出会ったのは「魔法のお弁当」を作ってくれるお弁当屋さんでした――』、裏表紙は『恋人の裏切り。突然の転勤。ひとりぼっちの寒空の下、彼女が出会ったのは――』だった。
あなたが本当に食べたいものはなんですか?願いが叶うお弁当、召し上がれ。恋人に二股をかけられ、傷心状態のまま北海道・札幌市へ転勤したOLの千春。仕事帰りに彼女はふと、路地裏にひっそり佇む弁当屋“くま弁”へ立ち寄る。

そこで内なる願いを叶える「魔法のお弁当」の作り手・ユウと出会った千春は、凍った心が解けていくのを感じて――?おなかも心もいっぱいな、北のお弁当ものがたり! コミックス情報

なお、コミカライズ「弁当屋さんのおもてなし」1巻【AA】の



カバー折返しで原作:喜多みどり氏は『だいたい常に空腹を抱えながら原作の小説を書いています。漫画では十峯先生の繊細な表現力が爆発したおかげで主人公の千春がそれはもう美味しそうに顔をきらきら輝かせてお弁当を食べてくれます。見ているこっちもなんだか幸せな気持ちになりますので、空腹に耐えて楽しく読んでいただければ嬉しいです』、漫画:十峯なるせ氏は『毎回食べ物を描くのが楽しくて仕方ありません。最近では喜多先生の原作を読み返すたびにお腹を減らし、漫画を描いてはお腹を減らし、すっかり食欲全開の日々をおくっています。くま弁がご近所にあったらいいのになあ』と書かれている。

「弁当屋さんのおもてなし」1巻コミックス情報 / 漫画:十峯なるせ氏のTwitter



「(彼は私のために、この弁当を作ってくれたんだ)」



「(じわじわ、じわじわと、涙が滲む)」



「美味しかったです」



「小鹿様、新しいことたくさんできますよ」



「(どんな経緯でも、ここに来たんだ、私はここで生き直す)」



「あ、ありがとうございます」


【来源】アキバBlog


各位客官转发敬请保留此链接:http://acg.laifucn.com/read.php?tid=5102

【主人】ACG杂货店

ACG资讯为ACG杂货店所属资讯平台,致力于日更秋叶原好物第一手资讯

ACG杂货店
【微博号】ACG杂货店 (↑)   【移动版
ACG杂货店
【微信号】ACG杂货店(↑)

ACG资讯
【苹果客户端】(↑)
GAL档案馆   更多>>>
杂志档案馆   更多>>>