ACG资讯 » 【漫画】【手机版>>>】

2021-09-20 22:06

松山せいじ ギャル鉄第1卷 「金髪ギャルJK、彼女のハートは鉄道愛でいる!」

104



松山せいじ的鉄道オタク爆乳JKをヒロインにした漫画「ギャル鉄」第1卷【AA】于17日发售。



封底为『ギャル×鉄道で贈る鉄味ラブコメディー!』、



オビ謳い文句は『ギャルで鉄ヲタ!?金髪ギャルJK後藤寺ミオ。彼女のハートは鉄道愛で燃えている!』。


  
松山せいじ氏のコミックス「ギャル鉄」1巻【AA】発売
「ギャルで鉄ヲタ!?金髪ギャルJKミオ。彼女のハートは鉄道愛で燃えている!」


  
営業リーマン・田川日田彦と、金髪Jカップ巨乳ギャルJK・後藤寺ミオ
「おじさん、今、触れたよね」


  
「許して下さい、給料日前で…示談金はローンで」
「はぁ?ちげーし、ここは中央本線の四方津駅だっつーの」


  
「…ってここ、山梨県!めちゃくちゃ遠い」 「遠くねーし。中央線の正式名称は中央本線で、東京から名古屋まで続く長い路線だって、鉄ヲタなら常識だっつーの」


  
「1日2万5千食!日本一売れている駅弁と誉れ高い、
横浜名物・崎陽軒のシウマイ弁当!」


  
「五つ星のかがやきっ!崎陽軒の主役の大スター、昔ながらのシウマイ
駅弁の王シウマイを、た・べ・る」 ぱくちょ


  
「僥倖、僥倖、僥倖だよぅ。ちいさい時に私のお兄ちゃんといっしょにね、新幹線にのったときに食べた思い出の味まんまなのすごいよぉー♥」



メロンブックス秋葉原1号店 特典:イラストカード



とらのあな秋葉原店A 特典:イラストカード



COMIC ZIN秋葉原店 特典:イラストカード

松山せいじ氏がチャンピオンREDで連載されているコミックス「ギャル鉄」1巻【AA】が、17日に発売になった。

『ギャル鉄』は、コミックナタリーによると『冴えないサラリーマンの田川日田彦は、ある日の新宿駅で名刺を取り出した瞬間に金髪ギャル・後藤寺ミオの胸に当ててしまい、「今触れたよね?」と絡まれる。そのままミオから強引に中央線に乗せられ、一緒に山梨の四方津へ連れられて行った日田彦は、そこで彼女の鉄道オタクな一面を見ることに。その後も日田彦は何度もミオに付き合わされ、鉄道の魅力にハマっていく』から始まるお話。

今回発売になったコミックス「ギャル鉄」1巻【AA】には



第1話~第9話を収録し、作中にはJR秋葉原駅の中央・総武線ホームに実在す



秋葉原ミルクステーションも登場していて、裏表紙は『ギャル×鉄道で贈る鉄味ラブコメディー!』、オビ謳い文句は『ギャルで鉄ヲタ!?金髪ギャルJK後藤寺ミオ。彼女のハートは鉄道愛で燃えている!』などになってた。

冴えない営業リーマンだけど人の好い日田彦は、ある日、金髪Jカップのギャルに捕まる。ちょっと怖そうな彼女…ミオだけど、鉄道のことになると、目を輝かせて無垢な少女に。二人の鉄道をめぐる不思議な道中が展開! コミックス情報
「ギャル鉄」1巻【AA】の感想には、柚月さん『鉄道はわからんのだけど、まいどのテンポと掛け合いで二人の引きの絵が好き』、お燎さんMk-IIさん『さくさく読めると思いきや、時事的なものまで取り入れており、作者の鉄道に関する強い思い入れが伝わる一作でした』、パラベラム(破戒凡人)さん『徹底的な創り込みに驚愕。あと、ミオちゃんめんこい』、メイファマオさん『読むと元気出ますよん。ミオちゃんの食事シーンは実に美味しそうでお腹空きますw』、せたかさん『



秋葉原ミルクステーションってそんな前からあったの…?ってなった。とても面白かったですわ』などがある。

なお、作者:松山せいじ氏は後書きで『秋田書店では10年ぶりくらいの単行本です☆ 2巻からはミオや日田彦の周りのキャラも出して、作品をにぎやかにしたいです♥』などを書かれている。

「ギャル鉄」1巻コミックス情報 / 松山せいじ氏のTwitter



「…またかよ」「(胸…!って、この前のギャル)」



「そ。浦安パークライン」



「かわいく撮ってねェ♥」



「おじさん、新幹線を見て気を鎮めるんでしょ?」



「僥倖、僥倖、僥倖だよぅ。世界にひとつだけのしんかんせーん!」



「伝説の通勤電車103系と同じ103cm!その先端はE5系はやぶさのノーズに匹敵!」


【来源】アキバBlog


各位客官转发敬请保留此链接:http://acg.laifucn.com/read.php?tid=5310

【主人】ACG杂货店

ACG资讯为ACG杂货店所属资讯平台,致力于日更秋叶原好物第一手资讯

ACG杂货店
【微博号】ACG杂货店 (↑)   【移动版
ACG杂货店
【微信号】ACG杂货店(↑)

ACG资讯
【苹果客户端】(↑)
GAL档案馆   更多>>>
杂志档案馆   更多>>>