ACG资讯 » 【漫画】【手机版>>>】

2024-05-20 06:16

漫画版 一番遠くて、近いあいつ。~君に恋をするなんて、ありえないはずだった~ 1巻

174



筏田かつら的小説、猫井ヤスユキ作画的漫画版「一番遠くて、近いあいつ。~君に恋をするなんて、ありえないはずだった~」第1卷【AA】于16日发售。オビ謳い文句は『すれ違い青春恋愛物語、新コミカライズ!』、裏表紙は『お互いに絶対ない存在だった――そう、今日までは』。



猫井ヤスユキ氏がコミカライズ
「一番遠くて、近いあいつ。~君に恋をするなんて、ありえないはずだった~」1巻【AA】


  
「(最初は結構かわいいと思っただけどそれからすぐにイヤな女だと思い知らされた)」


  
「(北岡恵麻…入学早々俺の善意を踏みにじった女。
メイクばっちりで派手な容姿、校内でも目立ついわゆる陽キャだ)」


  
「どうしたの」 「…サンダル壊れちゃって…」



「(しっかしまあこんな子が夜道に一人って…変な気起こす奴いるだろ)」


  
「ねぇねぇ、飯島って内田とかのパシリにされてんの?」
「違うよ、ジャンケンで負けたから」 「そうなんだ、うちもだよ」


  
「(要するに、お互いに“絶対ない”存在だ。そう、今日までは)」



メロンブックス秋葉原1号店



アニメイト秋葉原2号館



COMIC ZIN秋葉原店

筏田かつら氏の小説を猫井ヤスユキ氏がコミカライズされ、一迅プラス内・comic HOWLで連載中の「一番遠くて、近いあいつ。~君に恋をするなんて、ありえないはずだった~」1巻【AA】が、16日に発売になった。
『一番遠くて、近いあいつ。~君に恋をするなんて、ありえないはずだった~』は、WEB小説サイト「小説家になろう」に投稿された「眼鏡とあまのじゃく」(現在は削除済み)を加筆修正・改題して商業小説化したコミックナタリーによると『クラスでも最下層グループの男子高校生・飯島靖貴は、陽キャなクラスメイトのギャル・北岡恵麻をかわいいと思いつつも、彼女に苦手意識を持っていた。ところが3年の夏、勉強合宿に参加した飯島が夜買い出しに出かけると、サンダルが壊れて困り果てた北岡と出会う。彼女を助けたことがきっかけで話すようになった2人。その後も予備校帰りの飯島の前に、なぜかよく北岡が現れるようになり…』というお話。
今回発売になったコミカライズ「一番遠くて、近いあいつ。~君に恋をするなんて、ありえないはずだった~」1巻【AA】には



第1話~第8話を収録し、



オビ謳い文句は『まだ知らない――自分の気持ちも、あいつの気持ちも。大人気すれ違い青春恋愛物語、新コミカライズ!』になってた。
また、



裏表紙は『お互いに絶対ない存在だった――そう、今日までは』、『クラスの隅のメガネ男子・飯島靖貴は、高校で同じクラスの派手な一軍女子・北岡恵麻に、長らく苦手意識を持っていた。しかし、3年の合宿で偶然かかわったことをきっかけに、実はそんな見かけと違った彼女の人柄を知り、次第に学校外でだけ、会話するように…。探りながらすれ違い、お互いがお互いの「ホントのキモチ」がわからない、青春恋愛ストーリー、開幕!』になってた。
「一番遠くて、近いあいつ。」1巻コミックス情報 / 連載ページ



「あの、これ」



「…普通にいい名だな」「でしょ~」



「おはよ~」「髪型変わってる~」「イメチェン?」



「(その割には妙によそよそしくない?)」



「朝から髪の毛、超ハネてるよ?」



「もっと飯島は女子と仲よくなりなよ」


【来源】アキバBlog


各位客官转发敬请保留此链接:http://acg.laifucn.com/read.php?tid=6731

【主人】ACG杂货店

ACG资讯为ACG杂货店所属资讯平台,致力于日更秋叶原好物第一手资讯

ACG杂货店
【微博号】ACG杂货店 (↑)   【移动版
ACG杂货店
【微信号】ACG杂货店(↑)

ACG资讯
【苹果客户端】(↑)
GAL档案馆   更多>>>
杂志档案馆   更多>>>