ACG资讯 » 【小说改】【手机版>>>】

2021-04-10 21:36

大森藤ノ×青井聖 杖与剑的Wistoria/杖と剣のウィストリア第1卷 「魔法社会に剣一本で殴り込む」

762



原作:大森藤ノ&作画:青井聖的漫画「杖与剑的Wistoria/杖と剣のウィストリア」第1卷【AA】于9日发售。あわむら赤光的感想为『魔法社会に剣一本で殴り込む話、大好き…』などを書かれている。


  
原作:大森藤ノ&作画:青井聖的「杖与剑的Wistoria/杖と剣のウィストリア」第1卷【AA】发售
「幼き日の誓いのため、少年は剣を執る!」


  
「諸君らも今見た通り…この世は魔法絶対至上主義。
権威とは魔法であり、力とは魔力であり、英雄とは魔道士(メイジ)である」


  
「実習(ダンジョン)だけで進学しようなんて事は
事実上不可能なんだ」


  
リガーデン魔法学院で学ぶ、魔法が使えない少年・ウィル
「よしっ!今夜中に4単位ゲットだ!バスカヴィルは一度戦ったことがあるし!」



「(イヴィル…センチネル…!?正真正銘の強敵区分、
センチネルの棲息階はもっと下のはず…階層事故!?)」


  
「(“至高の杖”に相応しい僕になりたいだけの、ただのみっともない奴なんだ。
だからせめて――一振りの剣のように!)」


  
「(確かにウィルは、一切の魔法が使えない。
しかし彼はこの魔法世界の中で、唯一の“戦士”)」



COMIC ZIN秋葉原店



虎之穴(とらのあな)秋叶原店A



Melonbooks(メロンブックス)秋叶原1号店

原作:大森藤ノ氏&作画:青井聖氏が別冊少年マガジンで連載されているコミックス「杖と剣のウィストリア」1巻【AA】が9日に発売になった。
『杖と剣のウィストリア』は、コミックナタリーによると『魔力を持たぬ主人公ウィル・セルフォルトが、魔法世界の頂を目指すダンジョンファンタジー。“魔法絶対主義”のリーガン魔法学院に通うウィルは、魔法使いにとって最高の称号“至高の五杖(マギア・ヴェンデ)”になるという大きな夢がある。しかしウィルは魔力を持たないために、まわりの生徒はもちろん教師たちからも見下されながら過ごしていた。しかしウィルは、魔法を使わずして難関ダンジョンを攻略できる剣の力を持っていて…』で始まるお話。
今回発売になった「杖と剣のウィストリア」1巻【AA】には、第1話「一振りの剣のように」~第4話「Order&Watcher(2)」を収録(



もくじ)し、カバー裏は



キャラプロフィールになっていて、



販促POPは『魔法を使えず「無能者」と呼ばれる少年は幼き日の「約束」を果たす為、剣を執る!』で、オビ謳い文句は『幼き日の誓いのため、少年は剣を執る!』、『「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」大森藤ノが放つ新たなるダンジョンファンタジー』になってた。

リガーデン魔法学院で学ぶウィル・セルフォルト。魔法が使えず「無能者」と軽んじられる少年は、魔法世界の頂「塔」を目指す事を諦めていなかった。単位不足を補うため、ダンジョンに潜りモンスターを狩り続ける!幼き日に交わした「約束」を果たす為に── 



裏表紙

コミックス「杖と剣のウィストリア」1巻【AA】の感想には、setaさん『やはりやはり戦闘描写がいい!ホント知識を蔑ろにしない主人公は最高だ…』、もちきさん『魔法が当然の世界で、魔法の使えない主人公が健闘するファンタジー。比較的見覚えのある設定も、極めたらここまで面白くなるのかというくらいに直球を極めている』、ライトノベル作家:あわむら赤光氏『魔法社会に剣一本で殴り込む話、大好き…』などがある。
なお、大森藤ノ氏は『普段はライトノベルを書いています。杖と剣の物語、楽しんで頂けたら幸いです』、作画:青井聖氏は『初連載、緊張しておりますが頑張りますのでよろしくお願いします』などを書かれている。
「杖と剣のウィストリア」1巻コミックス情報(試し読みあり) / 作品公式Twitter



「それでも…僕はっ…至高の五杖に辿り着きたい」



「好きな人と一緒にいたい、約束を守りたい!」



「斬撃まで繰り出して、まさに“剣”のごとく」



「霜の王の弱点は、炎及び、爆撃」



「(噂と実態とでは、随分と乖離している)」



「貴方が話してくれた少年…面白いですね」


【来源】アキバBlog


各位客官转发敬请保留此链接:http://acg.laifucn.com/read.php?tid=5105

【主人】ACG杂货店

ACG资讯为ACG杂货店所属资讯平台,致力于日更秋叶原好物第一手资讯

ACG杂货店
【微博号】ACG杂货店 (↑)   【移动版
ACG杂货店
【微信号】ACG杂货店(↑)

ACG资讯
【苹果客户端】(↑)
GAL档案馆   更多>>>
杂志档案馆   更多>>>