ACG资讯 » 【漫画】【手机版>>>】

2022-05-26 22:06

未实装的最终Boss们成为了伙伴。/未実装のラスボス達が仲間になりました。第1卷 「初めての仲間は6人の最強魔王!?」

390



ながワサビ64的小説を、緋呂河とも作画的漫画版「未实装的最终Boss们成为了伙伴。/未実装のラスボス達が仲間になりました。」第1卷【AA】于秋叶原25日发售。漫画情報为『魔王成为少年的部下!?』、封带宣传语为『《最初的伙伴》为――6位最強的魔王(ラスボスたち)!?』。



漫画版「未实装的最终Boss们成为了伙伴。/未実装のラスボス達が仲間になりました。」1巻【AA】发售
「《初めての仲間》は――6人の最強魔王(ラスボスたち)!?」


  
「(eternity正式サービス初日。この日βテスター・購入者・当選者合わせて
約35万人もの人間がこの世界に生きていた――)」


  
eternityに閉じ込められた主人公・修太郎
「確かダンジョン生成スキルを使って…その後は…。お城…?」



「あ…あわわわ…あ…」
「闇・霊・物理の複合攻撃・・・魔斧ヘカトーンすら無効化するとなると・・・」


  
「ななな…なんで…僕はこんな王様の椅子みたいのに座らされて…?」
「それは貴方様が――我々の主であるから…とお答えするほかありません」


  
修太郎の仲間になった6人のラスボスたち
「私はここロス・マオラ王城序列第一、魔王エルロード」



アニメイト秋葉原本館 特典:複製ミニ色紙



ゲーマーズ本店特典:ブロマイド



とらのあな秋葉原店A特典:イラストカード

ながワサビ64氏の小説を緋呂河とも氏がコミカライズされ、ComicWalker・電撃コミック レグルスで連載されている「未実装のラスボス達が仲間になりました。」1巻【AA】(キャラクター原案:かわく氏)が、アキバでは25日に発売になった(公式発売日は27日)。
『未実装のラスボス達が仲間になりました。』は、ながワサビ64氏がWEB小説サイト「小説家になろう」に投稿され、商業書籍化もされている小説のコミカライズで、連載開始時のラノベニュースオンラインによると『ログアウト不可のデスゲームと化したVRMMOで、ゲーム開始直後に最終エリアへと飛ばされてしまった少年が、出会った6人の魔王とデスゲーム世界を渡り歩いていく成長冒険ファンタジー』というお話。
今回発売になったコミカライズ「未実装のラスボス達が仲間になりました。」1巻【AA】にはコミックス情報は『少年が魔王を配下に!?』で、



裏表紙は『少年と魔王が力を合わせてデスゲームに立ち向かう!』、



オビ謳い文句は『ゲーム初心者の少年の《初めての仲間》は――6人の最強魔王(ラスボスたち)!?』になってた。

新型VRMMO《eternity》の無料枠に選ばれた主人公・修太郎は、ランダムスキルで得た《ダンジョン生成》をさっそく発動――しかし時を同じくして「mother AI」の暴走によりプレイヤーたちはゲーム内に閉じ込められ、…。
スキルの効果で気がつくと修太郎は謎のエリア《ロス・マオラ城》へと転移していた。そこは恐るべき力を持つ6人の魔王たちの居城で、修太郎は命の危機を感じるのだった…。しかしそんな彼の心配をよそに、魔王の1人が口を開く――「修太郎様…我が王よ、我らがあなた様の盾となり矛となりましょう」 コミックス情報

なお、コミカライズ「未実装のラスボス達が仲間になりました。」1巻【AA】のながワサビ64氏は『原作を忠実に再現しつつ、緋呂河先生による新しい要素・魅力的なオリジナルキャラたちも必見です!原作者の私も毎回楽しませてもらってます!』、漫画:緋呂河とも氏は『ながワサビ64先生が生み出し、かわく先生がデザインされたキャラクターたちは皆、華があって特に魔王たちが集まってるシーンは画面が派手になるので描いていて楽しいです』などを書かれている。
「未実装のラスボス達が仲間になりました。」1巻コミックス情報



「このお方は間違いなく、この世界の支配者だ」



「メニューに“モンスターの合成”が追加されたんだ」



「(合成を強制的に執行できるってことだよな…)」



「(恐怖と絶望だけがこの街を支配していた)」



「(未実装だったラスボスを倒す…か)」



「大群を率いているのはLv.40キング・ゴブリン!」


【来源】アキバBlog


各位客官转发敬请保留此链接:http://acg.laifucn.com/read.php?tid=5723

【主人】ACG杂货店

ACG资讯为ACG杂货店所属资讯平台,致力于日更秋叶原好物第一手资讯

ACG杂货店
【微博号】ACG杂货店 (↑)   【移动版
ACG杂货店
【微信号】ACG杂货店(↑)

ACG资讯
【苹果客户端】(↑)
GAL档案馆   更多>>>
杂志档案馆   更多>>>