ACG资讯 » 【其它】【手机版>>>】

2024-06-25 06:06

漫画版 異世界食堂~洋食のねこや~第6卷 「舌を惑わす極上の一口」

190



犬塚惇平的轻小说ヤミザワ氏&モロザワ作画的漫画版「異世界食堂~洋食のねこや~」第6卷【AA】于秋叶原发售。封带宣传语为『ローストチキン、スイートポテトタルト、スパニッシュオムレツ、クレープ』で、裏表紙は『舌を惑わす極上的一口をご堪能あれ!』。



コミカライズ「異世界食堂~洋食のねこや~」6巻【AA】「一度その味を知ってしまえばどうしたってもう、抗えない」


  
ローストチキン「異世界?」 「料理?」 「その通り、異世界の料理でございます」


  
「へっこの程度の酒なんざ…うおっ!?」 カーッ


  
「お待たせしましたローストチキンです」


  
スイートポテトタルト「ああ旨いぞ、今年の初物使ってるからな」 「今年もこいつの季節…」


  
〈空を司りし“金の神”に仕える神官・アントニオ〉「少し修行に出てくる、夜までには戻る」


  
「(一度つぶされ、再び練り固められたスイートポテトはきめこまやかで口の中の水気を奪うことなく甘い味を返してくる)」



COMIC ZIN秋葉原店



アニメイト秋葉原2号館 特典:複製ミニ色紙



メロンブックス秋葉原1号店特典:ブックカバー メロン限定版あり

ヤミザワ氏&モロザワ氏がコミカライズされ、少年エースで連載中のエナミカツミ氏)が、アキバではもう出てる(公式発売日は25日)。

原作ライトノベル『異世界食堂』は、犬塚惇平氏が九月タカアキ氏によるコミカライズがヤングガンガンで連載(完結済み)されたり、2017年に1巻発売時のコミックナタリーによると『ごく普通の食堂“洋食のねこや”が週に1日だけ異世界とつながり、不思議な扉をくぐってやってくる“ある世界の客”で溢れ返る様子を描いたグルメファンタジー』というお話(



キャラクター紹介)。

今回発売になったコミカライズ「異世界食堂~洋食のねこや~」6巻【AA】には、第26話から第30話の「ローストチキン」、「スイートポテトタルト」、「スイートポテトタルト再び」、「スパニッシュオムレツ」、「クレープ」、世界観解説マンガ「異世界食堂のひみつ(6)」と、



「ラフスケッチ」を収録(




もくじ)し、



オビ謳い文句は『一度その味を知ってしまえばどうしたってもう、抗えない』で、



裏表紙は『異世界食堂に鬼、来たる!』、『目の前に広がる美味の誘惑には誰だって抗えない』、『舌を惑わす極上の一口をご堪能あれ!』などだった。
目の前に広がる美味の誘惑には誰だって抗えない。ローストチキン、スイートポテトタルト、スパニッシュオムレツ、クレープ――。一度知ってしまったあの味を求めて、人々は七日に一度、異世界食堂の扉を開く作品情報
なお、カドカワストアの商品紹介では『鬼の夫婦も酔いしれる“ローストチキン”、金の神に仕える神官が愛してやまない“スイートポテトタルト”、獣人姉弟の賑やかな食卓を彩る、“スパニッシュオムレツ”、花の国のフェアリー達を虜にする“クレープ”――』などになってる。

カドカワストア「異世界食堂~洋食のねこや~」6巻商品ページ



「お待たせしましたスパニッシュオムレツです!」



「…いや、まさか卵焼き!?」



「そうだよ凄いよね、これで銀貨1枚だってさー!」



「…これは、扉か?」



「クレープのフルーツミックスです」



「これらを包むこの布はこういう意味であったか…」


【来源】アキバBlog


各位客官转发敬请保留此链接:http://acg.laifucn.com/read.php?tid=6781

【主人】ACG杂货店

ACG资讯为ACG杂货店所属资讯平台,致力于日更秋叶原好物第一手资讯

ACG杂货店
【微博号】ACG杂货店 (↑)   【移动版
ACG杂货店
【微信号】ACG杂货店(↑)

ACG资讯
【苹果客户端】(↑)
GAL档案馆   更多>>>
杂志档案馆   更多>>>